WP-CLIのインストール

このトピックスで学べること

WordPress をコマンドラインから操作するための「WP-CLI」をインストール

WP-CLIのインストール

https://wp-cli.org/ja/ の手順に従ってインストールする

  • コンソールを開いて
    curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
    を入力してEnter
  • 以下を入力して動作確認
    php wp-cli.phar --info
  • 実行権限を付与
    chmod +x wp-cli.phar
  • ファイルを移動
    sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp
    パスワードを求められたらMacにログインする際のパスワードを入力
  • 再び動作確認
    wp --info

WordPress を便利にコマンドラインから利用するためのソフト「WP-CLI」をインストールします。画面を共有します。

はい、えー「WP-CLI」というものがありまして、これは WordPress の操作をコンソール画面から行うためのプログラム、アプリケーションということになります。
どういったことができるかというと、たとえば、プラグインを一度にすべてアップデートをしたり、コアのファイルをローカルにダウンロードしたり、ユーザーを追加したりと、もう、そのありとあらゆる WordPress の操作がコマンドから行えるという内容になります。
今は「 wp-cli.org (https://wp-cli.org/)」というとこに来ていますね。そこにインストールの手順(https://wp-cli.org/#installing)がありますので、そのままやっていくことにしましょう。

注)※WP-CLI 日本語版サイト:https://wp-cli.org/ja/

まずは、こちらですね。「curl」っていうものから作業していきます。コンソールを開いたらそのまま貼り付けて Enter を押します、と。これは CLI の元となるファイルをダウンロードしているという状態になります。
ダウンロードが終わったら、とりあえず「PHP でその内容が動くかどうかを確認してくださいと」いうことで、そのまま貼り付けます。

はい。こうすると今、 CLI がとりあえず動いて、ディレクトリがなんだかんだとか、今の PHP のバージョンはどれですよ、とかっていうこと教えてくれます。どうやらちゃんと動いてるようですね。
はい、そしたら、今度はそれに実行権限、「chmod」で実行権限をつけて、それを動かします。場所を変えるわけですね。 mv でその場所を /usr/local/bin/wp にしますよと、いう風に書いてあります。そのままやっていきましょう。このまま押してください。
そして、パスワードはそのまま、パソコンのログインの時のパスワードを打ってくださいね。はい、これで以上となります。簡単ですね。

はい、これで成功してるかどうか確認するためには、また wp --info として頂いて、今と同じですね、この「WP-CLI」の内容が出てくればOKということになります。
これはですね、これから先の話で、ローカル環境を作ったり、そのローカル環境下においてデモのデータを入れてみたり、プラグインをインストールしたり、プラグインのアップデートしたり、などなど、などなど、色んな所で使います。WordPress で制作を行う場合にはとても重要なコマンドラインツールということになりますので、是非インストールを行ってみてください。 

レッスン 受講状況
0%完了