Gitを操作するアプリケーション Sourcetreeのインストール

このトピックスで学べること

git を便利に使うためのソフトウェア「Sourcetree」のインストール方法

Sourcetreeとは

git というバージョン管理ソフトウェアを、マウス操作だけで非常に便利に簡単に使えるようにしてくれるソフトウェア

Sourcetreeのダウンロード

「Sourcetree」のサイト(https://www.sourcetreeapp.com/)にある「Download for Mac OS X」をクリック

Sourcetreeのインストール

  • ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックしてアプリケーションを開く
  • 解凍されたファイル「Sourcetree.app」をアプリケーションフォルダーにドラッグ&ドロップする
  • アプリケーションフォルダーを開き、Sourcetree.appをダブルクリックする

Sourcetreeの設定

アカウント準備

  • 「今すぐ無料でアカウントを作成しましょう」をクリック
  • ブラウザが立ち上がり、Bitbucketのログイン画面がでてくるので、サインアップをクリックしアカウントを作成する
  • Bitbucketからメールが届くので、メール認証を行う
  • ユーザー名を入力し、アンケートが終わると(アンケートはスキップ可)アカウントが出来る

Sourcetreeとアカウントを紐付ける

  • 「Bitbucket Cloud」をクリックし「アクセスを許可する」をクリックするとBitbucketにログインする

インストールを続行する

  • git と Mercurial のグローバルのユーザー情報(ユーザー名とメールアドレス)を設定する
    • 注)グローバル:インストール中のMacのどこからでもアクセス可能なユーザー
    • ユーザー名はアルファベット推奨
    • 設定した内容は後からでも変更可能

git を便利に使うためのソフトウェアである「Sourcetree」をインストールしましょう。

画面を共有します。はい、「Sourcetree」です。
「Sourcetree」は git というバージョン管理ソフトウェアを利用する際に、それはマウス操作だけで非常に便利に、簡単に使えるようにしてくれるソフトです。git を使うためのソフトウェア…、git もソフトウェアなんですけども、それをマウス操作だけで使えるようにするためのソフトウェアということになります。

「Sourcetree」のサイト(https://www.sourcetreeapp.com/)に来ましたら「Download for Mac OS X」というものをクリックします。こうとするとダウンロードができますね。えー、あらかじめダウンロードしてありましたので、こちらを利用してみましょう。
Finder を開いて、Zip 形式でしたね。ダブルクリックしてアプリケーションを開きます。そうすると解凍されて、ここに一つ「app」っていうのが出てきますので、これはまたアプリケーションの中にポイっと入れるだけ、ということになります。そうすると今ここですね。「Sourcetree.app」が入りました。これをダブルクリックします。
すると「どうしますか?」って来てますね。また開きます、OK を消しましょう。右クリックからかな?「開く」。んで「開く」と。今みたいに、あの「どうしますか?」って聞かれた場合には「右クリックから開く」としていただくと、ちゃんと開きます、はい。

そうすると、このように、はい、インストールの画面が開きます。ここでは Optional でどっちのアカウントを使いますか?という風に言われてますけども、ここでまず「今すぐ無料のアカウントを作成しましょう」っていうのをクリックします。そうしたら「OK」を押すという形ですね。そうするとブラウザが開いて、これ Atlassian製のアプリケーションなんですけども、その際にインストールして「まずはアカウントが必要」ということになります。なので Bitbucket というとこですね。 Atlassian のアカウントにサインインするということを利用します。ここに、ご自身のメアド入力いただいて…今、私のメアドこれですね。えーと、meganein9988@gmail.com にしていただいて、(氏名の欄は)meganeinとかにしましょうかね。で、パスワードは任意のものを入力します、はい。まぁ、出来る限り強いとか、もっと強いとかがいいですね。こんな感じ。で、サインアップします。こうすると「自動車の絵を全部選んでください」と…難しいですね。これかな?信号…信号…ここかな?ここも入ってるかな?こっちは?これは違うかな?こうかな?あ、人として認識されたようです。
そうすると「メールに送りましたよ」っていう風になります。なので、メールを見てみましょう。「サインアップ用のリンクをメールに送りましたよ」という風に書いてありますね。私は Gmail を使ってますので Gmail にアクセスしますと、このように Bitbucket でのメール認証というのが出てきます。「meganeinさんあと少しです」と、いうことで「メールアドレスの認証」をクリックします。はいクリック。
そうするとAtlassianアカウントに来て「ユーザー名を決めてくださいね」というのが出てきますね。じゃあ「meganein9988」という風にして「続行」。
はい、これであとはアンケートに答えてくださいということになります。一旦「スキップ」しましょうかね。はい、これで Bitbucket のアカウントが出来上がりました。
このアカウント利用して「Sourcetree」自身のインストールを進めていくという内容になります。

「Sourcetree」に戻って、こちらの「Bitbucket Cloud」の所を押して「アクセスを許可する」というのをクリックします。これでOAuth認証で、今すでに Bitbucket にログインしてましたので「Sourcetree」に戻ると、今のアカウントで進められるということになります。ね。「登録が完了しました」になりました。今、わかります? Bitbucket のアカウントを取ってログインしたのでSourcetreeクラウド= Bitbucket みたいになってると思うんですけども、そこに行ってログインするのが OK ってわかったから「Sourcetree」のインストールができるようになった、という内容になってます。はい。
で、「設定するためにもう少し時間をかけてください」。git と Mercurial のグローバルの作者を決めるということで、これで、ここのユーザー名とメアドに紐づいて基本的には git が利用されます。

注) Mercurial:こちらもバージョン管理システム

ご自身のお名前、アルファベットですね、アルファベット推奨です。と、御自身の Gmail アドレスや、他のお仕事ならお仕事のアドレスなどを設定いただいて、こちらのユーザー名を設定してください。後から変更することも可能ですけどね。
はい、ここまで来たら一旦終了です。これで「Sourcetree」のインストールが終わりました。今後、git を利用する際には基本的に 「Sourcetree」を利用して git を使って行きます。是非インストールまで作業を進めてください。

レッスン 受講状況
0%完了